2019年08月24日

1250℃にならない?【動画の補足説明】


100Vの電気炉でたくさんの方が「やきもの」に開眼されて(笑)、うれしいご報告をいくつもいただいております。
その中に2例、最高温度に達しないという事例がありました。

それぞれ解決する方向にむかい、無事に焼成されていますが、それについての動画を、お客様の許可をいただいた写真も使って紹介しています。

家庭のコンセントで使用できるのは1500Wまでです。
100X×15A=1500W ということですね。




★以下お客様の変更した焼成プログラムです。



変更点

 ・設置場所 ガレージから家屋の壁脇(外用コンセントが外壁に付いていたのでそれを利用)
 ・上昇時間設定 以前600℃(4h)ー>950℃(6h)−>1245℃(6h)−>1245℃keep(2h)
         今回600℃(4h)−>950℃(7h)−>1245℃(8h)−>1245℃keep(2h)
 ・30A−>40Aに変更

以上3点を変更してみました。

経過は、今迄は、ステップ4迄すべて終了した時点で1190℃くらいまでしか上がらなかったが、ステップ3を終わった時点で1220℃迄上昇し、ステップ4(1245keep)終了時1235℃迄上がりました。



★これにより無事にゼーゲルコーンの8番が倒れました。

設定温度を1250℃にすることと、カロリーが1250℃になることはイコールではありません。
それを知るにはゼーゲルコーンや色見のテストピースなどを使用して、把握する必要があります。
これはどのような燃料、サイズの窯でも同じです。

温度計で焚くと釉薬によっては流れ過ぎたり、トラブルになることもあります。





posted by inoueseiji at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年08月21日

波佐見焼を取材してきました。


わたしは瀬戸で大人になった人間なので、波佐見や有田を詳しく知りませんでした。

吉田さんに「井上さんがどこぞに取材にいっている動画が観たい」と言われて、思いついたのが波佐見のやきもの公園にある、世界の窯広場。

海外のものまで展示している施設はわたしの知る限りココだけ。

順次動画を制作していきます。


posted by inoueseiji at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年08月12日

真夏日

暑い日が続きます。
お盆休みもスタート。

笑ってましょう。

posted by inoueseiji at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中