2019年09月30日

スカーレット始まりました。


実はけっこう朝ドラファンです。
意識はしてませんが、この数年はほとんど見てるんじゃないでしょうか。

今回は信楽を舞台に女性陶芸家をヒロインに話が展開していきます。
実に楽しみです。


posted by inoueseiji at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月26日

道具は作るものだね

いやぁ〜。
この動画観たら幸せになりました。

この方のブログ(HP?)もとても面白いですし、非常に参考になります。


つくばセラミックワークス


posted by inoueseiji at 09:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月25日

やきものが世界を作ってますけど、なにか?

「やきもの」といえば食器を思う人がほとんどでしょう。
「陶芸家」といえばロクロを回しているイメージを思い浮かべるでしょう。

しかし、やきものの先にはこんな世界があります。


材料は全部地球をホジホジして採取します。
完成させるには窯が必要です。



こういう話を身近な子供たちに是非話してあげてくださいね。


posted by inoueseiji at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月23日

窯の事故を起こさないために


わたしはむかしガス炉メーカーに勤めて窯造りをしていましたが、初めて窯場に入った学生の時の気持ちをいまでも覚えています。

ガスで火をガンガン焚いているし、みたこともないガス炉が複数並んでいるし、同期は学生時代に窯場が炎に包まれたという話を面白可笑しくするし。

本当に怖かったです。

怖くなくなるためには、慣れることよりも、正しい知識を持つことが最も重要です。
電気、ガス、液体燃料、本来ならば、それらを取り扱ったり工事したりするのには資格や免許が必要なこともあるのです。

窯場に在庫を山のように積んで、何度もこちらが指摘していたのに火事を起こしたところ、屋根を吹っ飛ばした人、扉をあけるのはよくないですよ、と指導したのを聞いてくれず、扉を開け続けて焙りをし、洗濯物に引火して火事になった人。

すべてプロです。
慣れで行うとこういう危険があります。


このことを記憶していただくために、あえて嫌な言い方をします。

なんでも知っていると思っているのは三流です。
知らないことを知らないと公言できるのがプロです。

思い込みで操作したり修理したりしないようにしてください。



posted by inoueseiji at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

世界の窯広場はまだまだ続く

取材から一ヶ月以上経過していますが、実はまだまだネタが残っていて編集途中です。
ほかにもいろいろとありますし、たぶん視聴回数は伸びない窯のネタなので、慌てずにアップしたいです。





こうした取材でいかに自分がものを知らないのか、よくわかりました(笑)。
また質問などに快く答えてくださった関係者のみなさまに感謝です。


posted by inoueseiji at 09:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中