2020年04月24日

急須とポットは作るしかない


急須とポットは作れるに越したことはない器。
というかある程度人の技術をはかることができるとも言えるでしょう。

アナタは作ったことがあるでしょうか?


なかなか毎日大変ですが、技術と知識を爆上げするチャンスと捉えて前向きにいきましょう。
不要不急の外出は控えるけれど、ちょっと遠回りするぐらい勘弁してください。

この政府の感じだと連休明けどころか、盆休みぐらいまでダラダラ行きそうですね。
それは嫌ですが、覚悟だけはしています。

受験生の下の子の勉学はどうなるのやら。

毎日まいにち 学業2 YouTube7 昼寝1 って感じのメームス。

聞けばどこの中学生もそんな感じみたいですが、それではいけません(笑)。



posted by inoueseiji at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2020年04月19日

今だからできる窯のメンテナンスがある。


自宅にいることが多くなっていることと思います。
作家さん方もイベントの中止などで大変でしょうし、主催者側も様々なご苦労があったことだろうと想像します。
いまは耐える時ですが、次のスタートに向けて準備もしておきたいですね。

逆にわたしは在宅している時間が圧倒的に多くなったので、電話での問い合わせなどはチャンスですよ。
暇なのかと思いきや意外と問い合わせや電話対応があっております。

それから窯のメンテナンスとかも是非行っておいてくださいね。



posted by inoueseiji at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2020年04月13日

非常事態宣言が出ましたが…

福岡県にも非常事態宣言が出され、多くの方々が不安と共に過ごされているかと思います。

また各イベントや陶器市、個々の作家さんの個展やグループ展も中止、延期が相次いでおり残念でなりません。

わたしも講座や仕事が休講、延期になっていますが、コツコツと地道な発信を続けていこうと思っております。

そんな中、お客様の方から近況報告や写真を送っていただきました。
本来であればコチラから各お客様へ連絡をするべきところですが、逆にみなさんの作陶でわたしが勇気をいただいている状態です。

写真の利用を快諾してくださった関西のOさん、本当にありがとうございました。
とても一年目とは思えない植木鉢の作品群。これからも楽しみにしています。

どんなことにも終わりはくるでしょう。 そう思って頑張っていきたいと思います。
可能な方は作品を紹介いたしますし、今年もやっぱり「ネット陶芸展」で盛り上がりましょう! また企画してご案内します。

IMG_0184-COLLAGE.jpg
posted by inoueseiji at 09:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2020年04月06日

粘土の管理が楽になりました


いやぁ〜。

この川瀬さんの発信のお陰で今日は粘土がスッキリ整理できました。


確かに瀬戸から福岡に戻ってから、知人宅などで九州の粘土屋さんの包装を見るとこうなってますねぇ〜。

山内陶料さんからは、かなり丈夫なビニール袋に入って送られてきます。

これはこれで非常に強いビニールで重宝していたのですが、実際に量が減ってきたときとか、袋の内側の結び目の部分などで乾いた粘土がでてしまうし、教室などでは受講生の方が空気をパンパンに含んだまま保管していたりして少し硬くなることもままあり、わたしなりの管理方法を何度も伝えていました。

今後はこの川瀬さんの発信に基づいた方法を指導しようと思います!

IMG_20200406_163435.jpg

物凄くスッキリ。
(うちは仕事の関係上、粘土の種類が多いので養生テープを名札かわりにしました。またビニールの別の場所にも名札シールを貼ったままです。これは出荷時のシールです。補足しておきます。)

そして作業台の汚れが最小限でした。

瀬戸の知人は「粘土を袋から出す出し方で、そいつのキャリアが分かる」と豪語していましたし、実際にその通りなんです。

でもこの川瀬さんの方法はマジで便利でした。

やっぱり頭が固くなっているんですねぇ。

反省します。





………。






反省終わり(笑)。




あと蛇足ながら知らない方にお伝えしたいのは、粘土の保管に絶対にレジ袋は使わないということです。

レジ袋は実はけっこう空気が通り抜けるので、あっという間に粘土はカチンコになります(経験者談)。

山内陶料さんから届いた粘土の袋も、切ってシート状にしておけば、次から色々な用途に使用できますよね。


川瀬さんありがとうございます!
posted by inoueseiji at 16:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2020年04月02日

よく見るためには


先日の川瀬さんの発信から自分は単眼鏡を持っていたぞと思いだし、取り出してみたんですが…。

なんだか視野が曇って全然キレイに見えなくなっていました。
古いからそういうものなのかなぁと思ってAmazonで新しい単眼鏡を探して、すっかり購入モードになっていたのですが。

ふと、どうせ買い替えるならば、分解でもしてみようかと思いたち。

器用貧乏と言われることもあるイノウエですが、実は子供の時から分解した超合金ロボットを元にもどせなくなったり、バイクのキャブレターをオーバーホールしたら小っちゃいネジが余ったりしてきました。

しかし!

今回はきれいに分解清掃できて大満足。

IMG_20200331_143544.jpg

こんなプリズムが入っているんですね。
てっきりレンズが数枚普通に並列に並んでいるかと思っていました。

一眼レフのお手入れ用品でプリズムをキレイにしたら、

まぁ見える見える(笑)



ついでに動画にもしておきました。



そもそも単眼鏡をもう一度取り出したのは長崎県の川瀬さんの発信のおかげ。
またここ数年はすっかり美術館や博物館はご無沙汰になっていて、反省です。




選ばれし者だけではなく審美眼は誰にでも身につけられる、という発信は素晴らしいことです。
「窯は誰にでも焚ける」につながっているようで心地よいです。


中二から大学まで雰囲気で美術館に行っていたオッサンです。
ついでにそういう女子にも翻弄されてきた過去もありまくるのであります。

しかしヤキモノの世界にどっぷりと浸かり、津坂先生の本で単眼鏡を知って入手してからは、本当に素直に虫眼鏡でアリンコ見ていた幼少期の感覚でヤキモノを見ることができるようになりました。

それにより鑑賞時間は大幅に伸び、以前よりも記憶に残るようになり、少しは理解に進んだ部分もあったと思っています。

でも、わたしに審美眼があるかどうかといえば、

まぁ無いでしょうな(笑)

とはいえ純粋にヤキモノを楽しめるようになったのは、この単眼鏡のおかげといっても過言ではありません。


いかがですか?

単眼鏡。



電気テスターの100倍オススメです。

続きを読む
posted by inoueseiji at 15:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中