2018年11月30日

誰を信じるか【音声入力ブログ】

今日は誰の情報を信じるのかという話をしたいと思います。

これまでいろんな形の相談のを音声入力ブログで話してきました。昨日も講座があって、受講生の人のテストピースを見ながら相談を受けてたんですが、結局は誰を信じるのかということ、その人の正直さですね。

窯のお客さんや受講生みたいな直接私に関わり合って行ってらっしゃる方でさえ、ときどき私が言ってないことをすることがあります。こんなやり方をネットで見ましたとか、何かの本で読んだとか、どこかの教室で昔習ったとか、誰かがやっていたからとか。

私が言ってないことはやらないっていうか、それ私言いましたっけ?みたいなことを言うことが最近多いなと思います。例えば何かのホームページに、使用方法などが書いてあったとして、それが正しくても、やはりその勘所みたいなことを、初めて使う人が文章だけで完全に把握するのは難しいかなと思います。

実際に使ったことがあるとか、知ってるとか、まあ自分みたいな人間に相談してもらう方がいい。その時に梶田絵具店に相談するのなら、しっかりと梶田さんを信じてもらうと。僕だったら僕を信じてもらわないといけないわけですね。陶芸って外野の声がよく聞こえますけど、絵具のことを梶田さんより知っている人はいないんですから。

あのそういう事ってすごく他の世界でも多いのかなって想像はします。今あなたの顧問弁護士は私なのになんでネットで調べて適当な事やっちゃうの、みたいなこととか、結構あるんじゃないかなって思いますね。

例えばもうお医者さんがレントゲン撮って確認して、ここも断裂してますよって言ってるのに、先生、テレビでこういうの食べるといいって聞いたんですけど、みたいなことを言うとかね。逆の立場で考えたらいいと思いますね。自分の言うことは信じてもらえてないんだっていうその悲しい気持ちですね。まあ人によっては怒ったりするでしょうし、もうあんたなんか知らんと言ったりする人もいるかもしれません。

だからなんでもかんでも答えるということに功罪があるのかな、とも時々思います。無料は善か?っていうと、伝わらない人には伝わらないまま、それどころか中途半端に伝わっていくという感じがしますね。

みなさん良い方で、こんなこと聞くのは悪いかなと遠慮されて、自分で調べられたりするんでしょうけど、僕のお客さんとかであれば、そこは遠慮なくも聞いてもらったほうがいいんですよ。聞いてもらえば、それぐらいの理解をされているんだっていうのが分かりますので。

お客さんでなくても、メールで質問が来たら答えは動画にしちゃって、みんなの知識にしてしまえばいい。そういう動画も結構あります。後でまた同じような質問来ても、それ動画で話してるんでって言えばいいことですしね。私としても動画の本数が増えていけば、それは一つメリットだと思いますので。

そういう意味では私は誰の質問にも答えるとは言えるんだけれど、聞いたからには最後まで私のやり方で、せめて一回はやってもらわないと困るわけです。ここはこの人のやり方、ここはこの本のやり方ってやっていけば、どこかで整合性が取れなくなってしまうんじゃないかなと思います。それで一窯ダメにしたことが私もありますから。

RIMG5805.JPG

posted by inoueseiji at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185101380
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック