2019年06月08日

電気炉の可能性


わたしの受講生の最年長のKさん。
現在94歳です。

米寿になったから好きなことをしようと私の講座を受講されてもう6年。
電気炉を造ったのは91歳の時。

今では自分で灰を作り、釉薬を作られています。
また今回は電線の銅から銅ヘゲを作り、緑釉を作りました。

ほとんど織部釉ですね。


P_20190606_125038.jpg

P_20190606_125025.jpg

P_20190606_125551.jpg


やきものは総合的なものづくりです。

どんなに小さくても自分の窯が必要だと仰っていました。

決してネガティブなことを言われず、未来のお話をするKさん。
すぐに歳のせいにする70代と49歳がいつも反省しています(笑)。




posted by inoueseiji at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186111017
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック