2020年09月03日

都合のいい世界の捉え方


FBに書き込みましたがブログ記事にもしておきます。

今朝Googleドライブの整理をしていましたら、過去に書籍から抜粋したメモを発見。
すっかり忘れていた内容だったので紹介します。

楽焼きの釉薬などについての発信のための調べものでした。
鉛、鉛とうるさいですからね。

水道管には鉛が使われていることを知って調べたときのものだと思います。
参照元わからず。

”現在水道水から鉛が検出することはほとんどない。

仮に基準ギリギリ、1リットルあたり0.1ミリグラム以下で2リットル飲んだとしても、一日に摂取する鉛は0.2ミリグラム。
しかし、これだけで健康被害がおこることはない。

毎日口にする食品にはその10〜20倍の鉛が含まれているし、空気の中をただよう目に見えない粒子のなかにも鉛は存在し、呼吸によって水の3倍程度の鉛が体に入っている。

ほとんど全ての食品に鉛は含まれ、普通に暮らしていると飲食物と呼吸によって0.3ミリグラムの鉛を体内にいれるが、そのほとんどすべてを排泄している。


わたしは別に鉛問題を軽視しているわけではありません。
ただイメージ先行が過ぎてフリットも上絵具も完全に有鉛は駆逐されてしまいました。あぁ〜あ。

釣りの錘とかも規制されないように気をつけてくださいね(笑)。

さて、0.1ミリグラムがイメージできないワタシのお仲間に簡単な比較でお伝えすると、0.1ミリグラムというのは1円玉の10000分の1の重さです。

ちなみに昭和53年以前に建てられた家には鉛を含む給水管が使用されている可能性があります。
うちなんかまさにそうです(笑)。

もちろん使用に問題ないから使われていたんです。
そもそも鉛には利点もたくさんあるから人類は長い期間使用してきたのです。

けっして昭和のお役人が極悪非道だったわけではありません。
いまでも各自治体は順次水道管の取り換えや水質調整を進めています。


何がいいたいかと言うとですね(笑)。

なんとかウィルスとか。
楽焼の釉薬とか。

捉え方だと思うんですよ、個人的に。


(コメント欄荒れまくって2人ほど消えてます)

消えてますけど、めちゃくちゃに書かれましたからね(笑)。
自分が理解できない、怖いからといって、イノウエと鉛のせいにされてもねぇ。



本家樂さんに誰か質問してみてください(笑)。

鉛を使った茶碗を売るなんて!

って誰か言ってみてよ。
(あきまへんえ!)



みなさんは環境破壊を起こしたいとか、地球なんてどうでもいいや、とは考えていないと思いますが、電気とネットとスマホを使用している段階で、捉え方によっては閻魔様に言い逃れできないほどの極悪人だとも言えるのです。

ネットで自然保護を訴えること自体がシュールです。
無意味だともわたし個人は考えます。

現場の専門家がいろいろやってくれていると思います。


ですから我々は、

好きな陶芸をガンガンやっていきましょう。

自分の手の中で地球を調理する感覚を味わってください。





鉛の飛行船に乗って。




posted by inoueseiji at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187870637
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック