2020年10月03日

刷毛塗りのヒントになる動画


またまた人の動画を勝手にシェアさせていただきます(笑)。

自宅陶芸でオススメの釉薬の刷毛塗りですね。

焼いてみたら、釉薬が薄くなってしまったとか、上手く出来ない、という方に瀬戸の作家さんの動画でわかりやすいものがあったので紹介します。

瀬戸の加藤裕重さんの動画です。
(また福岡に来てくださいね)


特に3分51秒から https://youtu.be/kxlKMCkWBKk?t=231

容器に入っている釉薬はそこまで濃くありませんが、糊分(CMCなど)を入れることで、ドロッとして刷毛塗りがしやすくなります。

失敗される方の多くは、このドロッとした釉液にビビッて薄く塗ってしまったり、CMCを入れてからまた水を入れたりしていらっしゃるようです。


動画での刷毛塗りはかなり厚く塗っているように見えますが、最後の焼き上がりをみると灰釉の部分は織部よりも薄いでしょ?
(それが織部ってもんだぜ!:偏見)

これを一つのヒントとされると良いかと思います。

ツクリテチャンネル瀬戸の登録もオススメします。



織部は掛け分けがありますので、こうした施釉方法は多くの方が非常によくされています。




先日も勝手に紹介の寺田鉄平さんの動画。
こちらもちょこっと釉掛けが映りますが、参考になりますよ。


あとは焼いて確認ですね!




お暇でしたら不肖イノウエのヤツもどうぞ(笑)。








posted by inoueseiji at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187987216
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック