2020年11月27日

陶芸のニオイ問題


日某絵具店の方(笑)と電話でいろいろとお話したのですが、電気炉でのニオイの発生をどうするかという質問がお客様からあったとのことでした。

まず、エントツのあるガス窯ではニオイがすることはありません。
焼成で発生するニオイはエントツを通じて排気されてしまうからです。

やきものの製造工程の中でニオイを感じる作業はいくつかあるかと思います。
自分で窯を焚かない人でも想像できるのは、油性撥水剤の溶剤臭でしょうか。

また焼成中であれば燃料や炉内に炭素が多いとニオイを感じます。薪窯でも薪が燃える特有のニオイを感じます。「あぁ薪窯焚いてるな〜」というニオイです(笑)。

気炉の場合、焼成中であればいくつかのニオイ発生条件があるかと思います。
まず素焼きですが、わずかですが焼成初期段階で粘土が含む有機物の燃える際に発生する独特のニオイを、窯の周囲でわずかながら感じることがあります。また還元焼成を行う方も、ガスを投入すればさらに強いニオイを感じることでしょう。

ちなみに一酸化炭素が出てると言われる方もいますが、一酸化炭素は無臭ですから、このニオイは完全燃焼しきれていないガスの排気のニオイです。ストーブなどでも起こりえますから本格的な冬到来の前にこちらもご確認ください。

日本ガス石油機器工業会のサイト https://www.jgka.or.jp/gasusekiyu_riyou/anzen/co/index.html


しかしそうしたニオイも、アレに比べればそこまでひどくもありませんし、そこまで周囲に迷惑をかけることもないでしょう。


では。

電気炉の焼成でもっともニオイが気になる時とはいつでしょうか。


実は金液等の焼き付け工程です。


液や銀液等を使用した作品の焼成では、どうしても金液が含む樹脂等が燃えるニオイがします。おおよそ400〜500℃ぐらいまで確認されるこのニオイは、かなり独特のものです。

瀬戸などの陶産地を歩いていると時々このニオイが漂ってくることがあります。
わたしや経験のある人であれば「あぁ金を焼き付けているんだなぁ」と微笑ましく思いますが、何も知らない人にとってはただの異臭と感じるだろうとも思います。

そもそも金を塗る際に使用する金油がなかなかのニオイです。
こうした作業を自宅陶芸で行うには、周囲の人を不安にしないようにニオイ対策をする必要があるでしょう。

気扇を回すにしても、人通りの多い通学時間や、お隣がバルコニーでせっせと洗濯物を干しているタイミングは避けておきたいものです。ニオイのピークを、深夜か、逆に真っ昼間の地域人口がもっとも下がる時間帯に持っていくしかないかもしれません。

後ろめたいことがなければそんなことをしなくても(笑)という声を聴きそうですが、人間というものはご近所が変なことをするのに意外と敏感です。これは築炉業に関わってきたわたしの実体験でもあります。突然お隣がエントツを立てたりするとしっかりとチェックしているものですし、その家の人には聞かないで、わたしたち業者に探りを入れてこられることはよくあります。

ましてその後にニオイや煙が出てきたとなると、ご近所トラブルにもなりかねません。密集する住宅地の方に、わたしが灯油窯をオススメしない理由もここにあります。無煙タイプでも少しは煙が認めらえますし、ブロアーの音もそこそこするからです。

液などの焼成によるニオイの元は、液に含まれる樹脂などの燃焼によるものです。ということは「ある程度は」その量によってニオイの強弱は「多少は」変動するかと思います。

壺の表面を全部金彩するとか、打倒三輪家とか思われている方は、そうとうニオイが発生するということを覚悟するか、ガス窯で行うといいでしょう。

気炉の方はお住まいの環境に合わせて少しづつ様子を見ながら行ってみてください。
まずはカップの縁とか、お雛様の着物にチョンと塗る程度から様子を見て、これぐらいニオイがするんだな、と把握しながら行うべきでしょう。

まぁ新しいギターアンプを買ったり、でっかいテレビを買ったときに、近所が許してくれるボリュームの勘所を探るような感じですね(違うわ!)

く言われることですが、ご近所トラブルを避けるためにも、初窯の記念品を配るとか、日頃の井戸端会議で「すっごく小さな窯でチョコチョコっとしたもの焼いてるのよ〜」と現状を過小気味に伝えておくのもいいかもしれません。まぁとにかく、やきもの屋は周囲とは仲良くしておくべきです。

マンションやそうした近所づきあいが希薄な環境の方であれば、なるべくニオイや音などで周囲を不安にしないような対策は考えておいたほうがいいかと思います。

s-IMG_4850.jpg
(波佐見:陶壁「陶磁の路」部分 イノウエ撮影)



















posted by inoueseiji at 16:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中
この記事へのコメント
 ファインだとバインダーや解膠材等薬品を使うことが多いので焼成ニオイ問題はうるさい俺が来ましたよ(笑

 一般陶磁器だと、素焼きの時の有機物(と思われる)燃焼ニオイが結構低温時にありますし、金液と一緒で、バインダーにCMCやPVA(アラビアガムとか)使うこともあると思いますが、焼くとすぐわかりますよね。0.3%ぐらいしか使ってないこと考えるとやっぱ高分子はニオイきついっす。

 一応CMCでもその他の糊剤でも溶剤でも原料でも何でも、いっぺん紙に塗ってライターで焼いてみるとかするといろいろ覚えられます。あ、これアルコールだけじゃねえな、とか。



 煙突があると炉の周りではニオイしなくてもちょっと離れたところでニオイが下りてくることが多いのでチェックしておくといいかも。タイミングを夜中にして、近所に時たまこっちから尋ねちゃってます。「夕べニオイしてませんでしたか?」って。
 でかい工場だと煙突高いからすぐ近所じゃなくて通りの向こうのほうで臭ってたりするんだよなあ。


 これぜひ動画で発信したほうがいいですね。いろんなもの焼いてニオイかんでみるとかしたら受けますよ。きっと。保証はしませんけど(笑。

Posted by 福田豊 at 2020年11月27日 21:05


福田豊さんありがとうございます。
確かにそちらの世界もニオイ発生結構ありそうですね。

動画ネタとしてはニオイが映らないからなぁと思っていましたが、自分が焼いて嗅いでみるというのは面白いかもですね。

昔芳村俊一さんの本に影響されて水彩絵の具を塗って焼成したら、本当に毒ガスのようなニオイがしてかなりビビった記憶があります。

おそらくは絵具自体も子供のころの残りもので、いまよりも成分がアレだったのかもしれません(笑)。

エントツが高い理由に当然ニオイもあるわけで、その辺りの想像をするのも興味深いものですね。

やっぱり難しいですね、ニオイ問題は。
Posted by inoueseiji at 2020年11月28日 05:13
 じゃあ無責任に動画リクエストしちゃおうかな〜

 焼き飛ぶ添加物でパッと思いつくのは、
 CMC、PVA、膠、フノリ、ロージン、ニスとかのメジュウムといったバインダー材
 パラフィン蝋、墨汁、ラテックスゴム、他各種撥水材、
 
 って感じですかね。
 一つ一つ気の利いた感想を(笑


 安心してください。責任とって俺も嗅ぎます。
Posted by 福田豊 at 2020年11月28日 18:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188162855
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック