2019年11月26日

わたしのオススメYouTubeチャンネルはこちら!


ご本人とも連絡を取り、動画も一通り拝見させていただき、そろそろ紹介動画でもと思っていたら橋本さんに先に言われてしまいました(笑)。

kawasemi.co
川瀬隆一郎さん


動画で発信するよりも前から、インスタではたくさんアップされていたようです。
長崎の陶芸家で、茶陶で井戸茶碗をよくされているようです。
土も釉薬も自身で作り、その難しい土でのロクロ挽きは、わずかな経験しかないわたしが一緒に息をとめて見入ってしまいます。

驚くべきは毎日アップされていること。
そしてそれを週末に一本、解説を入れてアップされているのですが、釉薬の話など、よくそこまでオープンにされるなぁと感心してしまうほどです。

はっきり言って初心者には良さが分からないかもしれません。
それでも日々のロクロ挽きを観ていれば、そのリズムや呼吸が自分のものにできると思います。

もし一度でも自分で土を採取して製土したことがある方なら、ロクロ挽きや削りがまた違った意味で面白く観れるのは間違いありません。

チャンネル登録よろしくお願いします!




posted by inoueseiji at 16:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年11月25日

ロクロの回転方向の話だったかなぁ?


先日YouTubeのわたしのチャンネルでのアンケートにお答えくださったみなさん、誠にありがとうございました。

結果は現在、このような感じです。
作るときに右回転の方は85パーセント。

これは思っていたよりも多い気がしました。

これはわたしの勝手な想像ですが、学校教育として陶芸が教えられるようになり、徐々に右回転が多くなっていったのではないかと想像します。

もちろん、右手で道具を持つ場合、自然と右回転になるような作り方(たたき技法など)もあるでしょうし、手ロクロでろくろぼせ(回すための棒)を使う際も自然と右回転になるかと思います。これは右手で持った棒をどちらに回すのがやりやすいかを想像していただければ納得できることだろうと考えます。

スクリーンショット (78).png


こうして長い時間を経て、日本のロクロは右回転が主流になったのでしょうし、そもそも右回転が多かったと思います。
産地でも右左が混在しているところ、親子で違う窯元、それぞれ確認していますが、それはやはり学校や訓練校などの影響を無視することはできません。

そのルーツは?と考えてみれば、ロクロの歴史では納得する資料を得られず、ふと思い立って車、車輪の歴史をしらべていくことで自分なりに納得することはできましたが、どこをどう伝えればよいか収拾がつかなくなり、支離滅裂な動画になってしまったようです。

これまであえて歴史には触れないようにしてきました。それは解釈の仕方や資料が膨大であり、そもそも専門外のことであるからですが、道具の歴史程度なら案外と楽しんでもらえる方もいるようです。

ご意見などをいただけると幸いです。

posted by inoueseiji at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年11月18日

スカーレットのための豆知識 その2

いよいよヒロインは信楽でやきものの世界に入りましたね。
いや〜よかった、よかった。

絵付けの仕事をする決意を固め、あっという間に三年経ったというところ。

それにしても、わたしには知らないことがたくさんあって、このドラマをヒントにいろいろなことが分かったり、個人的には毎日面白く視聴しています。

岡本太郎さんがモデルのジョージ富士川は西川さんが演じていますが、実際に岡本太郎さんは信楽の製陶所と仕事をしていたそうですね。

有名な「座ることを拒否する椅子」はどうも信楽で作られていたようです。


わたしは絵付けの修業をしたことはもちろんありません。

しかし、訓練校で製造科のとなりの校舎にはデザイン科があり、こちらが一年ロクロや鋳込みに没頭しているときに、ひたすら絵付けをしていました。それでも、わたしたち製造科のロクロがそうであったように、学生の絵付けが「仕事になる」レベルになるには長い期間の訓練が必要でした。

コツコツ。

地道な訓練なんて、アートな世界を志す人には嫌なことかもしれませんが、それは絶対に必要なことだと思います。

こんなちゃらんぽらんなオジサンにも、毎日毎日デッサンをしていた時期もありましたし、休み時間にひたすら(三日ぐらいだったかも)溶接・溶断の練習をしたこともあったようです。

自分の上達を楽しむ気持ち、いつかこの時代をネタにしてやろうという面白がり方、そういうものに支えられていくしかないのではないでしょうか。

ただものを右から左へ売っているようなネットの販売サイトはさておき、梶田絵具店の梶田さんも仕事のための資格取得の勉強や、新たな業者を探したり、これまでのものをテストピースに起こすことを日々行っています。

ねんどやさんの山内陶料さんも、年々変化する原料から安定した製品を供給するために、さまざまなテストを行い、釉薬との相性など、われわれ以上に厳しい目で製品を開発しているのです。

そんなことを思いつつ、これからの放送を楽しんでいきたいと思います。



posted by inoueseiji at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年11月13日

ロクロの回転方向は?

先日、友人の吉田さんにとある作家さんの動画をおしえていただきました。
それはまたキチンと紹介したいと思いますが、それらの動画を観ていて思ったのが、みなさんのロクロはどっち回転だろう?という疑問。

わたしは大学でかじった時には、教育大のおじいちゃん先生から左回転で習い、その後、瀬戸の訓練校で右回転に矯正されました。
みなさんはいかがでしょうか?

アンケートはわたしのYouTubeチャンネルです。
↓ ↓ ↓
posted by inoueseiji at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年11月08日

タタラは踏まないで切りましょう!

ふと考えるとタタラの動画を作っていないことに気が付きました。

織部の作品を作っていた頃にはよくタタラ仕事をしていたものです。
また一時期製陶所でアルバイトをしていた時もタタラの七寸皿を毎日80枚とか作っていたこともあります。

ロクロも楽しいですが、タタラがある程度作れるようになると作品の幅も広がりますよね。

ということで、どこまで参考になるのかわかりませんが、わたしなりの基本的なやり方を動画にしてみました。

もっとこうしろ、ああしろ、あの棒の名前はコレコレだ、そんなご意見お寄せください。

posted by inoueseiji at 18:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年11月05日

テストは嫌いですよねぇ〜。

今年も福岡マラソンの季節になり、二度目のわたしはちょっと緊張モードになっています。

今回の記事は、先日お客さまにもさせていただいた、ちょっとしたアドバイスの話です。

陶芸をやっていくうちに、いつか大きな壺やお皿を作りたいという願望を持つことはとてもいいことだと思います。
作りたい作品のイメージや目的があることで、本来なら技術や知識は向上するからです。

しかし、よくよくお話を聞いてみると、陶芸教室には長く通っていたけれど、成形と絵付けをしただけで、乾燥や素焼き、釉掛けや窯詰めの経験が全くなかったという方も多く、中には陶芸教室で出来たものはすべて自分の能力によるものであり、一人になっても簡単にまた再現することができる、と勘違いされている方も時々いらっしゃいます。

実は陶芸教室で、生徒がいない間に講師がおこなっていたことこそ、本来身につけるべき、やきものの技術と知識です。

繰り返しますが目的があることはいいことです。
しかし、そこへ向けての段階的なアプローチや、試験的な作陶を嫌がる人がとても多いのは残念でなりません。



いくつか例を出してみましょう。

マラソンのトレーニングで、わたしはスロージョギングを今回取り入れました。隣の人とおしゃべりしながら走れるペースで距離を稼ぐのです。そうすることで、身体には様々な変化が起きて、翌日に筋肉痛になることもなく、ペースもじりじりと上昇するのです。あなたが仮にフルマラソンを4時間で完走したいという明確な目標があるとして、いきなりサブ4ペースで走る練習をするでしょうか?


次に大きな立体の作品、彫刻などを作ることを考えてみましょう。

まずスケッチをたくさんして、次にマケットという小さな模型をいくつも作ります。それによって、様々なバランスを確認して、徐々に大きな習作や作品としていくのです。

有名な彫刻、ロダンの「考える人」を例にすれば、あのポーズは不自然で右手も大き過ぎますが、わたしたちにはとても自然に見えています。

「考える人」は地獄の門という彫刻群の一部ですが、たくさんの習作が残っています。もし、まったく正確な人体のバランスで「考える人」を制作して地獄の門の上に置いたら、貧相に見えてしまし、ロダンが表現しようとしたダンテの世界観は台無しになってしまうのではないでしょうか?


RIMG0036.JPG



またまた嫌なことを書いているなぁと思っています(笑)。

しかし、事実です。



マグカップの取っ手の話と同じです。
作品にトラブルが起きる場合、どうすればいいのか。

まずは、キレや割れがおきないような技術と知識を身につけるという道があります。
もう一つは、素焼きしたものを修正するパテや特殊な接着剤をさがして入手するという道です。


ただし、どちらの道も基準は窯と焼成に置いておかなければなりません。




posted by inoueseiji at 09:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年10月25日

センスを磨け!


なんて言ってますが、最近のわたしはいわゆるアートなセンスなんてないと考えています。
センスというのはその人の生まれ育った環境や人生で培われた感覚の一つだと思っています。

やきものの教育でいつもわたしが伝えているのは、作るよりも大事な技術や知識がたくさんありますよ、ということです。

どれだけ”センス”があって、すごい手びねりの作品を作っても、乾燥や焼成でダメにしたら何の意味もありません。

また、いつの時代のことですかと言いたくなる言い伝えや都市伝説のような情報もよく飛び交っています。

自分で時間とお金を使って、コツコツと積み上げていくことでしか”センス”というものは手に入らないのではないかと思います。

多くの作家が50代から60代にピークを迎えてきたのは、積み上げてきたことと技術や経験がドンピシャでハマる年代だからではないでしょうか。

逆にあまりにも若くで売れてしまった人の悲劇も時に耳にします。
あるスタイルだけを求められ、それ以外のことへ挑戦する時間もゆとりもなくなってしまう。
場合によっては作品が評価されているのか、作家個人が単にキャラとしてもてはやされているのか判断つきかねることもあるのかもしれません。

極端な二人のことに言及しておきましょう。

サルバドールダリは奇行とその風貌で有名ですが、実は技法書を書いたぐらい絵具やオイルにうるさい理論派でした。

また加藤藤九郎さんの仕事場には電気炉や様々な新しい機材があったそうです。そもそも陶器大辞典を編纂したぐらいですから、薪窯一辺倒の陶芸家ではなかったのです。

メディアのほうがまんまとこの二人に騙された(?)のかもしれませんね。


最近は失敗はしたくない、回り道もしたくない、答えをタダで教えてくれ、という人が世代に関わらずチラホラいらっしゃいます。

これは完全にオジサンの説教ですが、実践のないところに理解も進歩もありません。
馬には乗ってみよ人には添うてみよ、窯なら焚いてみよ、ですよ。

わたしにしても某絵具店の店長にしても、実は教えてくださいと言われると、なんでも答えたくなりますし、一番嬉しい言葉だったりもします。しかし、そこに正直さがなければ、お互いの時間の無駄になるだけです。

ここまで自分でやってみたんですが、この間焚いたらこうなったんですが、という質問ならいくらでもお答えします。

自分でやってみるしかないんです。
こちらもやったことしか答えられませんしね。








posted by inoueseiji at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年10月16日

スカーレットのための豆知識 その1

ヒロインが大阪に行っている間に、陶芸に関する豆知識をひろめようという魂胆です。

実際に仕事で移動してみると、京都、大阪、信楽、四日市、名古屋、瀬戸、多治見などは案外と近いものです。
中央構造線ラインですかね。

もちろんそれなりの距離はありますが、福岡と有田ほどは離れていない印象です。

そして分岐になるのは草津や大津でしょうか。
今では新しい高速も完全に整備されて信楽は行きやすくなりました。




posted by inoueseiji at 18:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年10月02日

スカーレットでの機械ロクロシーン

昨日、今日の放送ではちょっぴり窯元の仕事の様子がながれましたね。

大きな機械ロクロで作るところ、窯出しの様子、天日乾燥の様子などなど。
機械ロクロは石膏の型が回るようになっていて、そこにヘラで押し付けて成形します。
訓練校で実習をうけましたし、バイトで半自動の機械でカップを作ったこともあります。

意外と歴史は古いようです。

火鉢の窯出しも、しっかりと窯の中から出すシーンとより土を火鉢の裏から落とすところもチラリと映っていました。


動画は有田の製陶所の様子です。


posted by inoueseiji at 10:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月30日

スカーレット始まりました。


実はけっこう朝ドラファンです。
意識はしてませんが、この数年はほとんど見てるんじゃないでしょうか。

今回は信楽を舞台に女性陶芸家をヒロインに話が展開していきます。
実に楽しみです。


posted by inoueseiji at 17:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月26日

道具は作るものだね

いやぁ〜。
この動画観たら幸せになりました。

この方のブログ(HP?)もとても面白いですし、非常に参考になります。


つくばセラミックワークス


posted by inoueseiji at 09:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月25日

やきものが世界を作ってますけど、なにか?

「やきもの」といえば食器を思う人がほとんどでしょう。
「陶芸家」といえばロクロを回しているイメージを思い浮かべるでしょう。

しかし、やきものの先にはこんな世界があります。


材料は全部地球をホジホジして採取します。
完成させるには窯が必要です。



こういう話を身近な子供たちに是非話してあげてくださいね。


posted by inoueseiji at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年09月23日

窯の事故を起こさないために


わたしはむかしガス炉メーカーに勤めて窯造りをしていましたが、初めて窯場に入った学生の時の気持ちをいまでも覚えています。

ガスで火をガンガン焚いているし、みたこともないガス炉が複数並んでいるし、同期は学生時代に窯場が炎に包まれたという話を面白可笑しくするし。

本当に怖かったです。

怖くなくなるためには、慣れることよりも、正しい知識を持つことが最も重要です。
電気、ガス、液体燃料、本来ならば、それらを取り扱ったり工事したりするのには資格や免許が必要なこともあるのです。

窯場に在庫を山のように積んで、何度もこちらが指摘していたのに火事を起こしたところ、屋根を吹っ飛ばした人、扉をあけるのはよくないですよ、と指導したのを聞いてくれず、扉を開け続けて焙りをし、洗濯物に引火して火事になった人。

すべてプロです。
慣れで行うとこういう危険があります。


このことを記憶していただくために、あえて嫌な言い方をします。

なんでも知っていると思っているのは三流です。
知らないことを知らないと公言できるのがプロです。

思い込みで操作したり修理したりしないようにしてください。



posted by inoueseiji at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

世界の窯広場はまだまだ続く

取材から一ヶ月以上経過していますが、実はまだまだネタが残っていて編集途中です。
ほかにもいろいろとありますし、たぶん視聴回数は伸びない窯のネタなので、慌てずにアップしたいです。





こうした取材でいかに自分がものを知らないのか、よくわかりました(笑)。
また質問などに快く答えてくださった関係者のみなさまに感謝です。


posted by inoueseiji at 09:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年08月24日

1250℃にならない?【動画の補足説明】


100Vの電気炉でたくさんの方が「やきもの」に開眼されて(笑)、うれしいご報告をいくつもいただいております。
その中に2例、最高温度に達しないという事例がありました。

それぞれ解決する方向にむかい、無事に焼成されていますが、それについての動画を、お客様の許可をいただいた写真も使って紹介しています。

家庭のコンセントで使用できるのは1500Wまでです。
100X×15A=1500W ということですね。




★以下お客様の変更した焼成プログラムです。



変更点

 ・設置場所 ガレージから家屋の壁脇(外用コンセントが外壁に付いていたのでそれを利用)
 ・上昇時間設定 以前600℃(4h)ー>950℃(6h)−>1245℃(6h)−>1245℃keep(2h)
         今回600℃(4h)−>950℃(7h)−>1245℃(8h)−>1245℃keep(2h)
 ・30A−>40Aに変更

以上3点を変更してみました。

経過は、今迄は、ステップ4迄すべて終了した時点で1190℃くらいまでしか上がらなかったが、ステップ3を終わった時点で1220℃迄上昇し、ステップ4(1245keep)終了時1235℃迄上がりました。



★これにより無事にゼーゲルコーンの8番が倒れました。

設定温度を1250℃にすることと、カロリーが1250℃になることはイコールではありません。
それを知るにはゼーゲルコーンや色見のテストピースなどを使用して、把握する必要があります。
これはどのような燃料、サイズの窯でも同じです。

温度計で焚くと釉薬によっては流れ過ぎたり、トラブルになることもあります。





posted by inoueseiji at 05:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年08月21日

波佐見焼を取材してきました。


わたしは瀬戸で大人になった人間なので、波佐見や有田を詳しく知りませんでした。

吉田さんに「井上さんがどこぞに取材にいっている動画が観たい」と言われて、思いついたのが波佐見のやきもの公園にある、世界の窯広場。

海外のものまで展示している施設はわたしの知る限りココだけ。

順次動画を制作していきます。


posted by inoueseiji at 14:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年08月12日

真夏日

暑い日が続きます。
お盆休みもスタート。

笑ってましょう。

posted by inoueseiji at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年07月24日

100V電気炉の可能性

ようやくネットでのふくおか陶芸窯展第一回を発信することができました。
参加表明してくださった皆さん、本当にありがとうございました。

こうして拝見してみると窯のサイズなんて、なんの関係もないと思わされます。
薪じゃないとダメ、還元焼成じゃないといい雰囲気にならない、大きな窯がいい、全部ホントですがウソでもあります。

電気炉はその人のレベルを如実にあらわしてしまいます。
窯変や灰かぶりは期待できませんし、いつもと違った”良い失敗”もほとんどありません。

だから最初の窯としてお勧めしています。

お問い合わせをお待ちしております。
mail@inoueseiji.com

posted by inoueseiji at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年07月13日

やりたいことと出来ること


先日、もう忘れられたかもしれない手びねり豆皿についての動画をアップしました。


100グラムで100ミリ以上のサイズになるように作りましょうと数値目標をだしたわけですが、出来ましたでしょうか?

その豆皿がどれだけ収縮して、重さがどれだけ変化したのかを確認してみるなんてことも案外と重要だったりします。

そんなこと思いついたこともなかったという方もいらっしゃるかもしれませんね。


この豆皿は今後さらに釉薬のテストピースにしたり、下絵や上絵の練習台になったり、ぐい呑みよりも重宝します。

以前も動画でお話したことがありますが、わたしは過去嫁にぐい呑み禁止令を出されたことがあり(笑)、豆皿を代わりとして作っているとか、いないとか?

手びねりであれば自宅でも可能ですし、訓練や指の感覚を鍛えるのにも役立つと思います。

やりたいことをやるためには、こうした地道な出来ることの幅を広げていくとよいと思います。




手と窯と、ほんのちょっとの知識があればいいんです。


posted by inoueseiji at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中

2019年06月26日

牛ヘラにチャレンジするのだ


村上金物店に行けばとりあえず何か買ってしまうイノウエです。

昔初めてまじまじと吉田さんのロクロを見せてもらった際に、牛ヘラを即買い。
ところがまったく使えずお蔵入りしていましたが、今回引っ張り出して改めて挑戦してみました。

まぁ〜出来ない!
それでも試行錯誤して、改めてもう一度動画を見たら、少し入り口がわかりました。

これからも楽しくロクロを回していきます!



posted by inoueseiji at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | イノウエセイジの頭の中